気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

4882 VIEW

壁に腰板を貼ってリビングをグレイドアップさせよう!

高級感のある木製の腰板の壁は、とても魅力的です。DIYで簡単に腰板を貼ることができる「腰板セット」という商品があります。壁に腰板を貼ってリビングをグレイドアップさせてみませんか? 腰板セットの基礎知識とDIYのノウハウを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年3月5日更新 / DIY-navi編集部

腰板って何?

壁面の上部と下部で仕上げが異なる場合の区別のために、下部の壁面を腰と呼び、その腰の部分に貼られた板材を腰板と呼びます。

腰板セットの基礎知識を知ろう!

ではさっそく、腰板セットの基礎知識を紹介します。

1. 接着剤の効き目が期待できる下地なら腰壁セットは使用できます。下地としては、コンクリート壁・タイル壁・石膏ボード壁・クロス壁・塗り壁などがあります。ただし、クロスの種類によっては、接着剤の効かない商品や、手で触ってボロボロと壁材が落ちてくるような土壁・塗り壁には使用ができませんので注意が必要です。

2. 腰板の工事は壁の中に通っている柱に釘を使って腰板部材を留めていく工事なのですが、この腰板セットは、両面テープと接着剤を併用することで、壁の中に通っている柱を頼らずに簡単に工事ができるというメリットがあります。

3. 腰板セットの腰板は、接着剤を使用することなく腰板同士をはめ合わせてあるだけですので、万が一、腰板を汚してしまっても笠木を取り外せば簡単に腰板を取替えることができます。

4. 腰板セットにはコーナー用の部材も市販されておりますので簡単に工事ができます。

巾木:腰板部材の下部に取り付ける部材
笠木:腰板部材の上部に取り付ける部材

3. 腰板セットを使ってDIYで腰板を貼ってみよう!

腰板セットを使った腰板貼りの工事の手順を紹介します。

1. 腰板を貼る壁の長さを測ります。

2. 接着剤の効き目が期待できる下地かどうかチェックをします。

3. 必要な長さ分の腰板セットを購入します。取替え用の腰板を少し購入しておくと、万が一、腰板を汚してしまっても安心です。

4. 巾木を固定するための下地木材を壁に取り付けていきます。下地木材の裏側には両面テープが付いておりますので、テープを剥がし、さらに、接着剤も併用して壁に貼っていきます。壁に既存の巾木がある場合には、腰板セットの巾木を既存の巾木の上に乗せて工事をすると簡単です。ここでいう既存の巾木とは、壁の最下部に取り付けてある細長い板材のことです。

5. 笠木を固定するための下地木材を壁に取り付けていきます。下地木材の裏側には両面テープが付いておりますので、テープを半分剥がし、さらに、接着剤も併用して壁に仮貼りをしていきます。

6. 笠木を固定するための下地木材の高さが合っているかどうか微調節を行います。テープを全部剥がして下地木材を固定します。

7. 巾木を取り付けます。ビスと接着剤を使って下地木材に巾木を留めていきます。

8. 腰板を巾木の上溝に差し込み、そして、腰板同士をはめ合わせながら腰板を壁に貼っていきます。

9. 笠木を取り付けます。ビスを使って下地木材に笠木を留めていきます。下地木材の場所が分かるようにマスキングテープなどで印を付けておくと簡単にビスを留めることができます。

高級感のある木製の腰板の壁は腰板セットで簡単に貼ることができます。あなたも、壁に腰板を貼ってリビングをグレイドアップさせてみませんか?



参考: http://www.maruoka-zaimoku.com/original/koshiita.html

photo credit: A.Davey via photopin cc
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録