気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

3088 VIEW

玄関先がすっきり!シューズラックをDIYしよう

玄関先の靴の収納、皆さんはどうしていますか? 靴は意外に場所を取るアイテムです。しかも、家族が増えると、さらに収納が大変。とくに、冬場はロングブーツなど、さまざまな靴の種類も増え、収納場所に頭を悩ませている人も多いのでは。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年2月24日更新 / DIY-navi編集部

玄関の壁に取り付けて、見せるシューズラック

玄関が広ければ、大きな靴箱を一面に取り付けて収納できますが、スペースがないのが現実です。今回ご紹介するシューズラックは、壁に直接取り付けるタイプで、見せて収納するシューズラックです。お店のように、収納する際は少しスペースを持たせて収納すると、お店のディスプレイのように、よりすっきり見えます。

用意するもの

1. 厚さ2センチ以上、幅7センチの板、長さは収納スペースに合わせて下さい。

2.同じ厚さで、幅14センチの板、1の長さと同じ

3.L字の棚受け金具、板の長さに合わせて、数個用意します

4.棚受け金具をとめるネジ

用意するものは、これだけです。
このシューズラックは幅の異なる2枚の板を上下に置き、その間に靴先を収納するという、シンプルなデザインです。靴先から、靴の中間までが収まるので、見た目よりも安定感があります。

作り方

1の木材をL字の棚受金具で固定します。その下に2の木材を固定します。
この時、大切なのは、ただ一つ、「板と板の幅です」。
このシューラックに入れる靴の種類を確認してから、しっかりとはまるように間隔を調整して下さい。スニーカーであれば5センチ程の幅に、収納できます。
材料もシンプルで、作り方もいたってシンプル。DIY初心者でも簡単に作れます。

「はしご」や「すのこ」を利用して

この他にも、古い「はしご」を利用した収納もあります。これにペンキを塗り、玄関先の壁に立てかけます。ハイヒール等、ヒールの部分をひっかけて使います。これもまた、見せる収納で、見た目もすっきりしていて、とてもスタイリッシュです。

また、「すのこ」を利用したシューラックもどうでしょうか? 板と板の幅が広めな「すのこ」を用意します。これを壁に立てかけ、この板と板の間に、靴先を入れて収納します。
この「すのこ」も水性塗料で色を塗ると、雰囲気も変わりお薦めです。

家の第一印象は玄関から

アイデアさえあれば、色々なシューズラックをDIYで作ることが出来ます。既成の靴箱を置くスペースに頭を悩ませるよりも、自分の玄関のサイズに合い、インテリアにもぴったりなラックを作ってみましょう。玄関はその家の第一印象を決める場所です、すっきりとした空間づくりに挑戦して下さい。



参考資料:
to make: shoe rack
3-clever-ways-to-store-your-shoes

photo credit: sporkist via photopin cc
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録