気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

2436 VIEW

プロ顔負けの最新工具でDIYをグレードアップ

操作性に長け、プロ並みの性能を備えた最新DIY工具をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年2月18日更新 / DIY-navi編集部

インテリア・コーディネイトだけにはとどまらず、「自分で何かを作りたい」「既製品をアレンジしてオリジナルのモノを作りたい」という人が年々増えています。それにともない、工具も日々進化し、DIY初心者にもわかりやすく、女性でも手軽に使える道具も開発されてきています。

DIYの基本「測る」を最新のデジタルメジャーで

DIY初心者でも、上級者でも「テープ式メジャー」は必ず持っているでしょう。しかし、壁に大型の本棚を設置したり、広い面積を測る場合はこのメジャーではかなり難しいと思います。そんな時便利なのが、デジタルメジャー。『BOSCH』の「デジタルレーザ―メーター」は、スイッチをいれてレーザーを当てるだけで、そこまでの距離がミリ単位で測れる優れものです。
また、面積モードという機能もあり、レーザーを縦横にかざすだけで、その部分の平米数を即時に計測してくれます。サイズも手のひらにのるほど小さく、値段も従来の物に比べて手頃です。

ねじ止めが簡単に出来る、電動ドライバー

2010年の発売開始から人気の「コンパクト・パワー・アシスト」(ブラック&デッカー社)は片手でネジが止められるという電動ドライパーです。
本体の先端についてあるマグネットがネジを固定してくれるので、ネジを押さえることなく簡単にネジを止められます。例えば、両手が使えない高い所にネジを固定する時や、狭い場所での作業の時にはとくに助かります。重さは0.4キロとコンパクトなので、女性でも片手で楽々使えます。組立家具など、たくさんのネジ止めが必要な時には、大変役に立ちます。

プロのような仕上げにするための水平器

「水平器など持っていても使うことはない」と思っている方もいるでしょう。壁に棚を付ける、大きな縁を壁に取り付ける時など、目測で水平、垂直を測っていると思います。取り付けてみたが「なんだか少しずれている気がする」という経験はりませんか?
そんな時にあると便利なのが「垂直・水平レーザー墨出し器」です。水平、垂直、水平垂直の3段階レーザーを使い、対象面から6メートルの範囲をレーザー照射できるので、広い範囲で水平を確認することもできます。

日進月歩するデジタル工具でDIY

もう、すでにお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。日進月歩のデジタル技術は、DIYで使用する工具にも使われています。最新の道具を使うことで、今まで出来なかった作業が可能になったり、手軽に出来るようになるでしょう。ぜひ、この機会に道具箱を整理して、最新工具を取り入れてみてはいかがでしょうか。DIYのバリエーションが広がり、仕上がりもグレードアップするでしょう。



参考:
ブラック&デッカー社
日経トレンディー:東急ハンズで聞いた!デジタルメジャーにレーザー水平器などスゴい工具で部屋づくリ

photo credit: stevendepolo via photopin cc
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録