気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

引っ越し、リサイクルも楽ちん。短期利用なら段ボール家具!

インテリア家具から展示ディスプレイまで、いま、ひっぱりだこなのが段ボール家具です。段ボールの5つの秘密を学んで、簡単で楽しい段ボール家具を作ってみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月29日更新 / DIY-navi編集部

1. 木のように強い段ボール!

通常の段ボールは、強度がなくて水に濡れるとフニャフニャになるというイメージを持たれていると思いますが、家具で使う段ボールには「強化段ボール」を使用しております。「強化段ボール」は見た目には通常の段ボールと変わりはありませんが、2重もしくは3重構造になっており、高い強度と耐水性を持っています。「強化段ボール」は梱包用の木箱の代用品として使用されているほど強度が強く、安心してインテリア家具に使用できます。

2. 紙でできているから軽い!

段ボール家具は「強化段ボール」を使用していますが、段ボールの性質と長所は変わりませんので軽くて持ち運びも簡単です。お掃除のときやお部屋の模様替えなどの家具移動、そして、お引越しのときも段ボール家具ならラクラクと運べます。

3. 組み立て、解体がスピーディー!

段ボール家具は、はめ込んだり折り曲げたりして簡単に制作することができます。もちろん、素材が段ボールですのでカッターで簡単に切断ができます。必要に応じてスピ-ディーに組み立てと分解ができてとても便利ですし、もし、家具が不要になったときは、バラして平らに伸ばしてコンパクトに収納ができるので、とても便利です。

4. カッター1本でDIY を楽しめる!

段ボールはカッターで自在に加工ができますので、お好みのインテリア家具を作ることができます。また、段ボールは紙素材ですので、表面は素朴で金属のような冷たさもなく絵も描けて子供から大人までDIY を楽しめます。

5. リサイクル簡単! とってもエコロジー

段ボール家具は素材が段ボールですので、家具が不要になったときは資源ゴミとしてリサイクルができます。また、急に短期的に家具が必要になったときなどは、高価で粗大ゴミになる家具は買いたくないものです。そのようなときには、資源ゴミとしてリサイクルができる段ボール家具はおすすめです。

DIY で自在に加工ができる段ボールは、世界に1つしかないあなたのオリジナル家具を作ることができます。段ボールのスゴさを知って、とっても楽しく簡単な段ボール家具を週末にトライしてみませんか?
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
ログイン・無料会員登録