気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

2397 VIEW

パレットを使ってシンプル薪置き場作成!

パレットで簡単薪置き場を作ってみよう!!(*´▽`*)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年10月28日更新 / DIY-navi編集部

みなさんのお庭に薪置き場はありますか?そもそも、家の中に暖炉があったり、釜用の薪が必要で無い方は、あまり薪を収納するという場面は無いかと思いますが、私はよくお庭で焚き火をするので、焚き火用の薪がたくさん転がっています。

バラバラ散らばっているよりも、綺麗に整頓されて、かつ可愛くお庭を飾れる薪置き場があると嬉しいですよね!今回はどこでも手に入る“パレット”を使って、木を自分で切ったり削ったりすることなく、簡単に薪置き場を作る工程をご初回します!(*´▽`*)

“パレット”って何?どこで手に入るの?

そもそも“パレット”の認識が無い方が多いかもしれませんが、パレットとは、工場や業務用スーパーなどで商品を一気にたくさん運ぶ際に使われる木の土台のようなものです。普段は段ボールなどがたくさん積まれていて、あまり目にすることは無いのですが、このパレットを使ったDIYやハンドメイド作品は数多く存在します。

古くなってしまったパレットは、業者さんに尋ねると簡単に譲ってもらえるので、手に入れやすい木材でもあります!もちろん、普通に売られている木材よりは強度も無いですし、長持ちはしませんが、ニスを縫ったり、補強をちゃんとして大切に使うことで、十分長持ちします!( *´艸`)

必要なもの/材料/道具

-サイズが同じ細長いパレット(それか四角いパレット)×最低4枚
-補強石(レンガブロック)×必要分
-ネジ×最低12本(パレットの板幅によって長さは調整する)
-垂直固定具×最低6個
-ドライバー(ネジの穴に合わせたサイズ)
-パレットとは別に補強用の木材(お好みで)

パレットでシンプル簡単に形作り!

今回はパレットを4枚使って、薪置き場を作りました!平らな地面だといいのですが、土の上でデコボコしていたり、少し斜面が傾いている場合などは、パレットの下に石やレンガブロックを敷いて、パレット自体が地面と平行になるように調節しましょう。

(薪を積み上げる際に、傾きがあると薪が落ちてくる場合がある為) この作業は、後々各パレットを固定する際にもズレが生じにくくなる大事な工程なので、出来るだけパレットが地面と平行になるよう心掛けましょう!(*^-^*)

パレットをしっかり固定!

今回は薪置き場をガレージの横に作成したので、ガレージの壁(木材)に直接ネジを固定しました。(ガレージが無くて、家のフェンスや柵に固定したいという方は、ネジの代わりに頑丈な紐や少し太い針金を使って固定することも可能です!) 地面に置いたパレットの両サイドに、残りの2つのパレットを置き、パレットを固定したい部分に印をつけます。

垂直固定具を両サイドのパレット上部にネジ(2本)とドライバーを使って、ガレージの壁に固定していきます。この時、ネジのねじ込みがズレて斜めになってしまわないように、他の人にサポートに入ってもらい、垂直に固定することに意識しましょう!
両サイドのパレット上部を壁に固定した後は、地面に置いてあるパレットと、両サイドに置いたパレットの端と端を2か所、ガレージ壁同様に固定していきます。
今回は計6か所を垂直固定具でしっかり固定しました。

ガレージの屋根をそのまま薪置きの屋根として使えたのですが、ちゃんとした屋根を作りたいという方は、地面のパレットと同様に、両サイドのパレットと屋根になるパレットを垂直固定具でしっかり固定し、屋根が落ちてこないように、屋根の丁度真ん中部分に補強木材を同じ要領で固定しましょう!
これでシンプルなパレットの薪置き場の完成です!(*´▽`*)

雨には注意!しっかり防水で長く楽しむ!!

せっかく薪置き場を作っても、雨で濡れてしまっては元も子もありません。
薪はしっかり乾かさないといけないので、雨には要注意です!

ビニールシートなどでしっかり防水するか、パレット屋根の上にさらにベニヤ板や薄い木材など釘で固定して、雨が入る隙間が出来ないように心掛けましょう!
防水がしっかりと出来ていれば、質のいい薪が出来ます!寒くなってくるこれからの季節に、お庭で楽しく焚き木をしてみるのはいかがでしょうか?
きっと素敵な薪置き場を作りたくなるはずです!!(*^-^*)
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録