気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

家の窓をパワーアップ! ガラスフィルムの8つの性能

ガラスフィルムにはさまざまな性能を持ったものがあります。8つの性能を活かして、お家の窓をパワーアップしてみませんか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月19日更新 / DIY-navi編集部

1. 空き巣から家を守ろう

空き巣の家への侵入経路の中で多いのが、窓からの侵入です。「防犯用ガラスフィルム」は、窓ガラスの破損までに時間がかかり、空き巣の家への侵入をあきらめさせるのに役立ちます。

2. 災害・地震・怪我などの安全対策

災害や地震の時に衝撃で割れたガラスの破片で怪我がする人が多いようです。「飛散防止用ガラスフィルム」は、ガラスの飛散を防止して避難を円滑に運ばせるのに有効です。また、お子さんが窓にぶつかったり、遊技物が窓に当たった時の衝撃で割れたガラスの破片による怪我の防止にも効果があります。

3. 省エネ効果に

エアコンの利きをよくするためには、室内への熱線の侵入を減らし室内温度の上昇を抑える必要があります。「熱線遮蔽用フィルム」は窓からの熱線の侵入を減らす効果があり、エアコンの設定温度を上げることができるので省エネにつながります。

4. 色あせや虫から家を守ろう

室内の家具・カーテン・カーペットなどの調度品や床材などの色あせを防止するには、窓ガラスから侵入する紫外線をカットすることが重要です。「紫外線カット用フィルム」は、紫外線をカットして色あせの防止に役立ちます。紫外線の人体への悪影響も同時に減らすことができます。さらに、紫外線をカットすることにより、紫外線に向かって飛んでくる虫などを減らすのにも有効です。

5. プライバシー対策に

プライバシー対策のためとはいえ、日中からカーテンやブラインドを閉めていては室内が暗くなってしまいます。「目隠し用フィルム」を屋外からの視線が気になる窓に貼ってみましょう。このフィルムの多くはスリガラスのような乳白色のテクスチャで視線を遮りながらも室内に光を通してくれます。

6. 眩しい日差し対策に

西日が眩しくて困っているなら、「日照調整用フィルム」です。自然光の明るさをコントロールすることにより、日差しの眩しさをやわらげるのに効果があります。

7. 簡単に模様替え

簡単に部屋の雰囲気を変えたいときに「装飾用ガラスフィルム」は頼りになります。ステンドガラス風にみえるものからカーテンのレース柄のようなものまで種類はたくさん。外部に面した窓以外にも、部屋の間仕切り用スクリーン・ガラス窓付きドア・室内窓など、いろいろなところに応用できます。

8. ガラスフィルム購入に際して

ガラスフィルムには、単一の性能を持ったフィルムから複数の性能を持ったフィルムまでたくさんありますので、購入前にどの性能が必要なのか考えましょう。また、透明ガラス・凹凸ガラス・くもりガラス・網入りガラスなど、ガラスフィルムを貼れないタイプの窓もありますので、貼りたい窓のガラスを事前に確かめておきます。

以上のように、ガラスフィルムには色々な性能を持ったものがあります。ホームセンターでも購入することができますので、お家の窓に貼るだけで手軽に性能をパワーアップすることができます。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
ログイン・無料会員登録