気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

クールなガーランドとキャンドルポッドでステキなハロウィンを過ごそう。

近年ますます盛り上がりを見せるハロウィン。ホームパーティーをすることも多いかと思います。そこでお洒落なガーランドとキャンドルがあれば、成功すること間違いなし。お金をかけずに素敵な空間を作る方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年10月15日更新 / DIY-navi編集部

イベントに必須!

そもそもガーランドとは、花輪や花冠を意味する言葉です。そして花や葉っぱや実を紐などでつなげて、窓や壁に飾っていたものが今ではインテリア用品となっています。海外などでよく見かける、お洒落な窓辺には欠かせない存在です。最近の運動会ではお洒落なガーランドを見かけますよね。パーティーの時にはお部屋にはもちろん、ドアや玄関、トイレに飾るのもおすすめです。キャンドルポッドまたはキャンドルホルダーはお洒落なアイテムですが、たまに使うけれど普段はあまり使うことがないかも...と、買うのを躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は自分で作ってしまいましょう。このガーランドとキャンドルポッド、ふたつのアイテムがあるだけでお家全体がイベント仕様になります。

多種多様のガーランド素材

ハロウィンイベントでは、かぼちゃやおばけ、魔女、こうもりなどのモチーフが多いですよね。画用紙や折り紙やフェルトなどに紐を通して作るものは手作り感がとても可愛いですが、絵が苦手だったりすると用意が大変。もう少し手軽でお洒落なものを探している方には、ガーランド用の無料素材がおすすめです。無料でダウンロードできるサイトがたくさんあり、あとは印刷して切り抜くだけ!モチーフだけでなくアルファベットもあるので便利です。サイトによってそれぞれルールを確認することが必要ですが、お店に飾ってあるようなガーランドが自宅でできるのは魅力です。印刷したものをリボンやライトなどでデコレーションしたり、窓辺には縦に吊るしてみたりと、ひと工夫する時間もできます。

ハロウィン仕様のキャンドルポッドのアイデア

プチプライスのキャンドルでも、入れ物次第でお洒落に見えます!せっかくのハロウィンだったら、大胆にかぼちゃをくり抜いてキャンドルを立ててしまうのもアリです。そこまではできないという方でも、空き瓶の中にキャンドルを入れて、周りにオレンジ色の毛糸を適当に巻きつければハロウィン仕様に。紙で作った蜘蛛やコウモリなどのモチーフを貼り付けても雰囲気が出ますね。色鮮やかな落ち葉や、透ける素材でモチーフをくりぬいたものを、瓶の内側に貼るのも素敵です。他にも、ハロウィン柄のカップの中にキャンドルを立てたり、ガラスのコップの周りに小枝をぐるりと貼りつけるのもお洒落です。さらにその上から可愛い紐やリボンを巻いても。この時期のキャンドルのポイントは、暖かそうに見える色合いや質感です。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
ログイン・無料会員登録