気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

フォトフレーム七変化

100均や雑貨屋などで手軽に手に入るフォトフレーム。でもそのまま使うだけではシンプルすぎるし面白くないなと思っている方におすすめの、なるべくお金をかけずにお部屋の壁がお洒落な空間に早変わりする、手づくりの壁飾りをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年10月31日更新 / DIY-navi編集部

思い出の写真をお洒落に

普通のフォトフレームをカラーリングしたりデコレーションをしたりするのも楽しいですが、自分で少し大きめの木枠を作り、麻ひもを結びつけてクリップで写真を止めるとまるでドラマに出てくるようなお洒落なフォトフレームが出来上がります!すのこを小さく切って、裏面に写真を飾ればナチュラルな雰囲気に。どちらもアンティーク風の木材があればベストですが、なければカラーリングをした上からやすりをかけるとビンテージ感が出てきます。ライトを付けたりお花を飾ったりと、結婚式などのイベントでも活躍しそうなフォトフレームです。また、流木や貝殻などをリースのように丸くくっつけてフレームにしてもお洒落です。そして壁に必ずあるのがコンセント。こちらも、端材でスイッチの周りを囲って、お洒落な蝶番とフォトフレームを取り付ければ簡単にスイッチカバーを作ることがてきます。

マスキングテープがあればOK

フレームに入れるという既成概念を捨てて、マスキングテープを使ってみるのも面白い方法です。直接壁に写真を貼って、様々な色や形で写真のまわりを囲めばOK!囲まなくても、絵を描くようにテープを貼って写真とコラボレーションさせるだけでもとってもお洒落に。マスキングテープは壁に穴を開けずに済むので、賃貸のお部屋で重宝します。カラフルで可愛い柄もたくさんあるマスキングテープを集めて、ポップに壁を飾ってみましょう。

意外なアイテムも活用

実はハンガーもお洒落なフォトフレームになります。ボトム用のクリップのついたハンガーをランダムに壁にかけ、クリップに写真をはさむだけ!普通のワイヤーのハンガーでも、毛糸や布を巻きつけてデコレーションをして、クリップやテープで写真をとめれば可愛いインテリアになります。ワイヤーネットも、写真やハガキ、エアープランツなどと一緒に飾ればお洒落なフォトフレームに。最近は100均でも手に入る黒板も、自由にフレームの絵を描いて写真を貼りつければ完成です!また、少し大きめのフォトフレームや額縁に、切り抜きなどと一緒に写真をコラージュしてみたり、タグのように穴を開けた紙に紐を通して壁にたくさんぶらさげてみたり...アイデア次第で、安価で手に入るものでお部屋の雰囲気を変えることができます。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
ログイン・無料会員登録