気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

2744 VIEW

釘不要、危険な道具不要。親子で安全に作れる木工

夏休みの工作などで、親子一緒に木工などをやろうと思っても子供が小さいと、危ないことはなるべくやりたくないですよね。そんな方に向けて、釘を使わなくても作れる木工アイテムを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年7月8日更新 / DIY-navi編集部

組み立てるだけの木工作品

実は釘を使わず、ボンドで貼り付けながら組み立てるだけで完成させられる木工作品用のキットは、ホームセンターなどでたくさん販売されています。

木造の建物を模したものなどが多く、キットを購入して木工用ボンドだけを用意すれば、説明書通りにじっくり組み立てていくことで、綺麗な作品が完成します。

これなら怪我をする心配もなく、子供だけでも作れ、難易度を選べば親子で一緒に作業することもできそうです。実用品になるものを選ぶのもいいですし、少し凝ったものならインテリアにもなります。

車や動物、植物など、お子さんの好きなものを選んでもいいですし、親御さんの趣味を交えながら一緒に作るのも楽しそうです。

そんなにお金はかけられない……

ホームセンターなどで売っているキットはとても手軽に完成度の高いものが作れるので、達成感を得られることが魅力ですが、やはり少し値段が張ります。「子供の工作にそんなにお金はかけられない」という人には、お金をかけずにできる工作を紹介します。

まず材料は木材の端材がメインになります。端材は格安で購入できる他、近くに新築の工事現場などがあれば、きちんと挨拶をして尋ねさえすればほとんどの場合無料で譲ってもらえます。里帰りなどで海に行くことがあれば流木を利用するのも手です。

材料が揃ったら。安い額縁に綺麗な色の布を敷いて背景にして、その上に端材でモチーフを作っていきます。夏休みの工作でしたら、特徴的な海の生き物などがおすすめです。

完成度はキットのものには及ばないかもしれませんが、満足感は十分得られると思います。端材で子供が作ったモチーフは、意外と味がある良品に仕上がるかもしれません。

仕上げの色塗り

木工で作品ができたら、色を塗ることで作品の完成度がぐんと上がります。

せっかくなので、子供と一緒に作業のできるものを選びましょう。子供と木材に色をつけるなら、水性塗料がおすすめです。中でもホルムアルデヒドや揮発性有機化合物を含まない塗料を選んであげるとよいでしょう。臭気もきつくないので、作業もしやすいです。

現在は成分に配慮した商品が多いので、探すのもそれほど大変ではないと思います。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録