気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

3295 VIEW

夏休みの自由工作で木工にチャレンジ!

夏休みの工作、毎年何かと作品を作ることになりますが、多くの親御さんが悩むことも多い宿題です。スライムや昆虫観察、自由研究や工作は何かと大変ですが、木工にチャレンジしてみるのは如何でしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年7月4日更新 / DIY-navi編集部

工作キットで簡単に手作りができる

最近では100円ショップやホームセンターで専用の木工キットが販売されています。こうしたキットを購入して木工にチャレンジするという人も多いんです。

初心者にとって木工というとなかなか難しいイメージですが、キットは必要な物だけが揃っているので、正しく組み立てていけば必ず素敵な作品が完成します。また木工ということで塗装をするのも醍醐味です。お子さんのイメージや、センスで木工作品に色をつけるとあっという間に工作は完了します。

過去に自由工作でスライムや紙粘土などを利用したというのであれば、中学年高学年くらいからは木工にチャレンジしてみるのも良いですね。

様々な種類がある木工キット

安価で購入することができるメリットに加えて、実用的なものであったほうが後々良い!という意見も多いようです。

夏休みの工作として提出した後に雑貨として本当に利用できるセットが販売されています。引き出し付きの小物入れや、鉛筆立て、ラックや小柄な椅子など種類が豊富にあるので、自由研究や工作でなくとも日曜大工やDIYといった形で取り入れることができます。木製ということで木の暖かみがあり、インテリアにも加えやすいのがポイントです。

夏休みの工作のために購入したつもりが、親御さんが木工にハマってしまうなんていうこともあるようです。

木工と言えば道具が必要?

木工というと想像するのがノコギリやネジといった器具ですが、こうしたキットを利用すればせいぜいドライバーやボンドがあれば作れるものが多いです。

本格的に自分で設計するとなるとどうしても専門の道具が必要になってきますが、こうしたキットにはある程度の細々とした道具は内包されていることが多いので、その点の心配は必要ないでしょう。

ポイントは最後の装飾と出来上がりの笑顔

自由工作ということで完成すると嬉しいものですが、できた作品に色を付けるとより素敵な作品になります。絵の具で大丈夫なので、好みの色で塗装したり、柄を入れてみると、オリジナリティ溢れる作品になります。鉛筆立てや小物入れなどを作る際には色を加えてアレンジをするとなおよいでしょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録