気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

1109 VIEW

DIYの必需品!インパクトドライバーとは!?

名前は聞いたことあるけど、実際どのような物なのか、よく知らないという方にインパクトドライバーについて簡単にわかりやすくお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年6月15日更新 / DIY-navi編集部

DIYをする時に欠かせないのがやはり工具!そしてその工具の中でも、作業効率の向上や作業時間の短縮に大活躍してくれるのが電動工具です。今回はその電動工具の中から「インパクトドライバー」についてご紹介します。

インパクトドライバーとは?

インパクトドライバーとは、軸を回転させるモーターの他に、「ハンマー」と呼ばれる機構を持っています。この「ハンマー」はモーターと共に動きますが、モーターの力の方向に加え、進行方向に対し、より強い力を与えることができます。したがって、通常の電動ドリルドライバーよりも強い力でネジなどの締め付けが可能となります。非常にパワフルであり、スイッチトリガーの引き具合によって力を制御しなければならいため、繊細な材料のDIYや家具の組立てなどはできないことはないのですが、初心者にとっては、そのような細かな作業には向きません。しかし、大型の家具を制作するときや、家の壁にネジを打ち込むなど、大きな力を求めているときには、インパクトドライバーが重宝します。もちろんDIYだけではなく、車のタイヤ交換などの作業に使用することもでき、作業が楽になり、作業時間も短縮できます。

リチウムイオンバッテリーならコンパクト&パワフル!

現在市販されているインパクトドライバーはコンセントに差して使うAC電源タイプのものと、バッテリータイプのものがあります。DIYで使う分にはAC電源タイプのもので十分とは思いますが、どこでもすぐに使えるバッテリータイプのものがおすすめです。
最近のモデルではリチウムイオンバッテリーを搭載しており、長時間使えて、尚且つ、軽いといった商品が多いです。中でもおすすめしたいのが、バッテリー電圧が10.4Vタイプのものです。このタイプのインパクトドライバーはよく家電量販店で売られている電動ドリルドライバーのようなコンパクトさを保ちながらも、インパクトドライバーならではのパワフルさを兼ね備えたタイプのモデルです。どのような環境下でもパワフルに使用することができ、DIYライフを間違いなく満足にサポートしてくれる工具といえるでしょう。

インパクトドライバーは家の修繕や家具作り、車のタイヤ交換やバイクのメンテナンスなど、様々な場面で重宝する電動工具です。使い方も難しくはありませんし、慣れてくると、繊細な作業をこなす事も可能ですので、持っていない場合は購入を検討してみてはいかがでしょうか。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録