気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

トリマーを使って複製に挑戦!倣い加工を覚えよう

今回はR加工、そして同じものを何枚も作ることに挑戦をします。棚板など同じものが何枚も必要になってきた時に覚えておいて便利なテクニックです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年6月6日更新 / DIY-navi編集部

トリマーを使いこなせばいろんな加工が出来る!

トリマーはビットを変えるだけで様々な加工をすることが出来ます。今回は倣い(ならい)加工をするのでストレートビットにベアリングがついているものを用意してください。刃の上にベアリングが付いているものと、下に付いているものがありますが、今回はどちらでも加工が出来ます。このベアリングはトリマーの刃の出とツラになっているのでベアリングに型を当てることで、型通りの加工が出来るようになります。型さえきちんと作ってしまえば、いつでも何枚でも同じものを作ることが出来ます。

用意するもの

加工用の板
トリマー
ジグソー

サンドペーパー
コンパス
4ミリベニアの端材

作り方

好きな材料で自分が作りたい大きさに板をカットします。写真の例は9ミリベニアを500ミリ~250ミリにカットしています。きれいにカットしたい場合は、ホームセンターで材料を購入してパネルソーで加工してもらうといいでしょう。マルノコなどが使えるのであればそれでもOKです。

カットした材料の四隅をR加工していきますが、まずはRの加工の準備をします。4ミリベニアの角にコンパスでRの型を書きます。今回の写真は50Rです。そしてコンパスで書いた墨を残してジグソーか手ノコで粗切りします。次に鉋で墨まで大方仕上げて、最後はサンドペーバーで墨通りきれいなRにしていきます。これが基準になるので、丁寧に仕上げましょう。ガタガタだったりすると仕上がりはきれいにいきません。

2.5ミリのベニアで型を作ってもいいのですが、トリマーのベアリングが当たりづらいので、なるべく4ミリ以上の厚みのもので型を作ったほうが加工はしやすいと思います。

出来上がったRの型を500ミリ~250ミリの板の角に合わせたら、墨を引いてジグソーで粗切りをします。これを四隅とも行って、粗切りができたらビスか両面テープで型を固定してトリマーで倣い加工をします。これを四隅ともすれば1枚が出来上がりです。

今度は出来上がったものを定規にして、同じように倣い加工をすれば同じものが何枚でも作り出せます。

倣い加工の応用

今回は単純な四隅にRでしたが、トリマーを使えば自分の好きなような加工が出来ます。
例えば、ハートマークを作りたい場合は、ハートマークの型を作ります。これを倣い加工すれば同じものが作り出せます。

この時の注意点は型を丁寧に作ることです。倣い加工は型が命なので、ここは慎重に作り上げて下さい。

まとめ

倣い加工を覚えることでDIYの幅が少し広がることでしょう。今すぐに同じものを何枚も作る必要に迫られることはないかもしれませんが、知識として、この様な方法があるのだと覚えておくだけでも、いざというと時に役立つかもしれません。
最後に厚みがあるものをトリマーで加工するときは、少しずつ削っていく感じで作業して下さい。一気に削ろうとすると大変危険です。電動工具の取扱いにはくれぐれも注意してください。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
ログイン・無料会員登録