気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

1123 VIEW

オリジナル家具を作りたい!家具を作るために必要な道具とは。

自身の手で、自身のアイディアを活かしたオリジナルの家具を作りたい!そんなことを考えたことはありませんか?もしも、DIYで自分の思い描くような家具を作りたければ「道具」をきちんと揃え、その「道具」を使いこなせるようにならなければなりません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年5月27日更新 / DIY-navi編集部

道具を持っていないとスムーズに作業をこなすことが出来ませんし、見た目にもきれいに仕上げることが出来ません。また、道具を持っているだけで使いこなせなければ、それも道具の意味をなしません。今回はそんな家具を作るために最低限必要な「道具」について、簡単にご紹介いたします。

DIYで家具を作る際の必需品、インパクトドライバー

ホームセンターで材料を買う場合、その場で好きな寸法にカットしてもらうことができ、あとは自分の好きなように組み立てるだけですが、一番強度があり簡単に組み立てられるのがビス止めです。

このビスを止めるのに必要になってくるのがインパクトドライバーです。プロ用だと数万円しますが、DIY用だと1万円程度で購入が出来るので、初期投資として必ず買っておきたい道具です。

また、インパクトドライバーをもっていると家のちょっとしたところを直すのにも、とても便利なので少し高値にはなってしまうかもしれませんが手に入れて損はありません。

DIYには欠かせない手工具と仕上げ

あとは、手工具を揃えれば一通り、家具を作ることは出来ます。

かなづち、のこぎり、鉋(かんな)、ノミがあれば、大体のことは出来てしまいます。

全て、ホームセンターで購入可能で、鉋やノミに至っては替え刃式のものが販売されていたりもします。
替え刃式なら研ぐことも必要がありませんので、入門用として、とても使い勝手がよいと言えます。

仕上げをするには鉋が必要ですし、細かいところを直すにはノミが絶対に必要です。

鉋やノミがなくても家具を作ることが出来ますが、せっかく自分でオリジナルの家具を作るなら仕上がりにもこだわってみませんか。


これらは最低限必要な道具ですが、これから何点も家具を作っていくうちにいろんな道具が必要になってきて欲しくなるかもしれません。道具が揃っていると、DIYがより楽しく、身近に感じることができますので、少しずつ道具を揃えていってみては如何ですか。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録