気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

スモールハウスを自分で作っちゃう!? 6つのステップ

最近、書店のDIYコーナーに行くと、「自分で家を作る」といった種のタイトルが数多く見受けられます。実は、ここ数年、低予算で小屋風の家を作ることが静かなブームとなっているのです。今回は低予算で比較的に気軽に作れるスモールハウスについて取り上げます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年1月10日更新 / DIY-navi編集部

なぜ今? ブームの背景

自分の家を持つというのは、一昔前は誰ものあこがれでした。マイホームを持つことが一人前の証でもありました。しかし、リーマンショック以降の先行きの見えない経済に不安を感じ、多額の借金をしてまで家を買うという選択肢を手放している方が多いのが現状です。

一家の主でありたい

とはいうものの、賃貸住宅では様々な制約がかかっており、壁の色が選べなかったり、家具の配置パターンにも限りがあります。小屋のように小さくてもいいからマイホームならぬマイスモールハウスを持ちたい! と思うのは、住環境にこだわる人にとっては当然のことかも知れません。

簡単!6つのステップで仕上がるスモールハウス

では、さっそく作り方を見ていきましょう。ここでは合板にリブが付いていおり、組み合わせるだけで簡単に壁ができるジョイパネを材料に作ります。

ステップ1: 土台の基礎作り

一番大切なのが基礎づくりです。コンクリート平版を均等に設置し、隣同士の平版にまっすぐな木材を置きます。水平木で高さを一定にするのも忘れずに。

ステップ2: 床、土台をのせる

土台、床板を平版の上に置き、ガタつきがないか確認します。芝生の上に建てる場合は穴を掘り、しっかりと固定させます。

ステップ3: 壁を作る

コーナー部分から壁を立てていきます。そして、パネルの幅サイズを間違えないように、ぴったりはめ合わせて壁パネルを立てていきます。

ステップ4: ボルトで固定

パネル同士をボルトで固定します。パネル1枚につき5-8本が目安です。

ステップ5: 屋根の取り付け

今までのステップを丁寧に作っていけば、屋根は水平にはまります。

ステップ6: 完成

これで雨風しのぐ立派な小屋の完成です。これに壁を張り、ペンキを塗れば、より自分らしいオリジナルな家に仕上がることでしょう。



「家を自分で作る!」と想像すると、とても大変そうに感じますが、段階一歩ずつ踏んでいくと、実は簡単にできちゃいます。また、最近のホームセンターではお手頃な値段で材料を揃えることが可能です。マイホームをあきらめる前に、まずはスモールハウスを作ることから始めてみてはいかがでしょうか。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
ログイン・無料会員登録