気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

9209 VIEW

手作りのパーテーションで、緩やかに部屋を区切ろう!

好きな時に好きな場所を区切れるパーテーションは、部屋の自由度を一層高めてくれる、優れたインテリアなのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年5月22日更新 / DIY-navi編集部

憧れの広い部屋を手に入れたのに、どうもしっくりこない。そんな経験はありませんか?実はただ広いだけの部屋は、かえって使い勝手が悪く、上手く使いこなせないものなのです。そこで、パーテーションを使って自由に部屋を区切ってみませんか?

便利な折り畳み式のパーテーション

家族構成が変わったり、部屋のイメージを変えたいとき、また、個人のスペースを確保したいと思ったとき、すぐにリフォームというわけにはなかなかいきません。そんなとき、2枚の扉を連結した可動式のパーテーションはとても便利です。普段は折り畳んで狭いスペースに収納でき、いざというときには広げて間仕切りの役割をしっかり果たしてくれます。
とはいっても、決して部屋を狭く見せないのがパーテーションのいいところ。背丈よりも少し高いくらいのものなら、決して圧迫感を感じることなく、部屋を上手に区切ることができます。さらに上部分に透けて見えるような素材を使えば、向こう側がうっすら見え、空間に広がりが生まれるのです。
そんな折り畳み式のおしゃれなパーテーション。ぜひお部屋のイメージに合わせてDIYしてみませんか?

折り畳み式パーテーションの作り方

材料

・ 細めの角材
・ ベニヤ板
・ 塗料(オイルステン塗料、好きな色の塗料)
・ ガラスシートや布など
・ 木工用ボンド
・ 蝶番、つめのような金具、ねじ
・ のこぎり、電動ドライバー、ハケなど


作り方

1. 最初に作りたいパーテーションの簡単な図面を引いて、サイズや大きさを確認します。
2. サイズに合わせて角材をカットします。縦枠用の長めの角材を4本、横枠用の短めの角材を6本用意します。
3. 角材とベニヤ板に塗料を塗ります。最初にオイルステン塗料を塗り、十分に乾かしてから好きな色の塗料を上から重ねて塗ります。
4. 塗料が乾いたら、長短の角材を2本ずつ組み合わせて、縦長の枠組みを作ります。縦を半分に区切る位置に短めの角材を入れ、開口部を上下2つに分割し、それぞれの角材をねじで留めて固定します。
5. このような縦長の枠組みを同じように2つ作ったら、蝶番で扉のように連結させます。これで自立したパーテーションの枠組が出来上がります。
6. 上下半分に区切った開口部の下部分にベニヤ板をつけ、後ろ側でつめのような金具で固定します。
7. 上の開口部分にはガラスシートや布などを木工用ボンドで貼りつけて完成です。

さらにおしゃれにアレンジ

上下の開口部分を自由にアレンジすることで、手作りパーテーションは、さらにおしゃれなインテリアに変わります。左右の扉で開口部分のサイズを変えたり、貼りつける素材を異なるものにしてもOK。上の開口部はちょうど目線の高さになるので、ガラスシートや布といった透け感のある素材や、隙間の空いたルーバーなどがおすすめです。
塗装の色でもかなり雰囲気が変わります。例えばウォールナットなどのダークな色で塗装し、上部に障子紙を貼れば和風のパーテーションに仕上がりますし、レトロな風合いの塗料を使えば、アンティーク風な仕上がりにもできます。お部屋のイメージに合わせて、さらにおしゃれにアレンジしてみるのも楽しそうです。
パーテーションで緩く空間を仕切ることで、ひとつの用途でしか使えなかった部屋が、いくつもの役割を果たしてくれるようになります。例えばリビングの一角にパソコンスペースや子供たちの勉強部屋を作ることも簡単です。この小さな家具の可能性は無限大。ぜひ手軽なパーテーションで、何通りも楽しめる部屋づくりをしてみませんか?
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録