気軽に、手軽に、もっと素敵に。

気軽に、手軽に、もっと素敵に。

5707 VIEW

1度はDIYしてみたい花壇の素材とデザインはどうする?

自宅の庭で何かDIYを始めたい!というとき、真っ先に思い浮かぶものはなんでしょうか?そうだなあ……「花壇」かな、という方も多いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2016年4月2日更新 / DIY-navi編集部

大きさが自由に決められるので、「初心者でも小さい花壇なら作れそう……」という気がしますよね。まさに、その通りです。自分のできる範囲の技術でDIYを始められる「花壇」。だんだんと慣れてくればさらに難しい技にも挑戦でき、初心者からベテランまで多くの方に向いています。 では、実際にどんな素材でデザインの花壇が作れるか、見ていきましょう。

まずはシンプルなレンガ花壇に挑戦!

まだDIYを始めたばかり……という場合、まずは扱いやすい素材を使って小さな花壇を作ることをおすすめします。手に入りやすく、軽くて扱いやすいレンガなどを使うとよいでしょう。



初めはレンガを1段分モルタルで接着していくだけでOK。長方形の小さめな花壇が作りやすく、ポピュラーです。

花壇の大きさや位置を後から変えたくなる場合に備えて、モルタルを使わずにレンガを土に埋め込むだけ……という方法もあります。

モルタルを使う場合に比べると形が崩れやすいのですが、しばらくそのまま様子を見て、花壇の大きさや位置が適当だと判断できてからモルタルで固定することも可能です。



普通は、花壇を正面から見た時にレンガが横長に見えるよう、真っ直ぐに並べていくのですが、違う方法もあります。レンガを縦にして土に差し込んでいったり、斜めに差し込んでいったり……ということができるのです。斜めに差し込むデザインは、ふちがギザギザして個性的で面白いものになりますよ。

慣れてきたらレンガの段数を増やす、形や素材を変えてみる

レンガ1段の花壇では物足りない……という場合、2段積み、3段積みなど高さのある花壇にもチャレンジしてみるとよいでしょう。遠くから見たときにも見ごたえのある花壇になり、庭全体を眺めたときに、高低差のあるメリハリの利いたガーデンデザインとなります。階段状に2段にすることもできますよ。



形も、長方形だけでなく、いろいろなパターンに挑戦してみてください。たとえば、曲線的な花壇を作るのも面白いでしょう。庭に躍動感が生まれ、生き生きとした雰囲気になります。



レンガ以外の素材も使ってみましょう。レンガと同じよう使えるものとしてはピンコロ(一辺9cmのキューブ上の石)などがあります。1段積みでもいいですし、何段も積むこともでき、レンガと同じようにサイズが小さいため、曲線のラインも創りやすい素材です。



DIY上級者の場合、コッツウォルズストーンのような大きめの石材を積むこともできるでしょう。ただし、重い石を使う場合は十分に取扱いに注意してください。

また、大きさのバラバラなゴロタ石(大きさが直径9cmからそれ以上の大きな石)をランダムに花壇の縁取りに使って、ナチュラルな雰囲気に仕上げることもできます。

自由自在にアレンジしてみる

モルタルを扱うのにも慣れ、もうDIYはベテランという場合、さらにさまざまなパターンの本格的な花壇作りにチャレンジしてみてください。



たとえば円形に芝が貼ってあるスペースの周りを、高さのあるレンガ花壇で丸く囲うと、子供が遊ぶのにぴったりの楽しい遊び場ができます(もちろん、花壇全体をぐるりと囲うのではなく、何か所か出入口を設けます)。

タイル貼りや石貼りのテラスの一部に花壇を設けるデザインもいいですね。



また、花壇の中にところどころライトを取り入れてみると、昼間でもアクセントになります。その場合、花壇内にレンガ積みでライト台を作ってその上にランプを置くのもいいでしょう。



コンクリートブロックを花壇の縁取りに使うことも可能です。

花壇を上から眺めるとブロックの穴が見えますが、そこに何かを詰めるなど、個性なデザインを考えるのも面白いでしょう。ブロックの表面にモルタルを塗って、塗料を吹きつけてもいいですね。



無限の可能性を秘めた「花壇デザイン」。素材、形とも実に多くのパターンが考えられます。さまざまな施行例を参考にしながら、ぜひ自分流のアレンジにチャレンジしてみてくださいね。





参考:

・花壇=いつも素敵な草花がいっぱい咲いている、とすべき!:クローバーガーデン

http://www.clovergarden.biz/garden2/info/flower-bed.html
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
Google+で情報を受け取る Google+
カテゴリのおすすめ記事
ログイン・無料会員登録